借地権を買い取る

借地権があるような土地を活用したい場合、あるいは借地権の売却を借地人が希望した場合に応じる場合などに、借地権を借地人から買い取る方法があります。
一般的に、借地権を借地人が第三者に売る場合には、譲渡承諾料として売った価格の1割以上を地主に払うことが必要です。
そのため、借地人から見れば、地主に借地権を買い取りしてもらうと、譲渡承諾料を払わなくていいというメリットがあります。


しかしながら、借地権を地主が買い取りする際には、国が決めた路線価図に書かれている借地権割合よりも1割くらい低下したもので買い取りが行われる場合が一般的です。
地主としてのメリットは、完全に土地が自分で所有することができることで、自由に有効活用したり、売却したりすることなどができ、選択肢が拡大することです。
また、デメリットとしては資金が借地権の買い取りために必要であることです。


一般的には、借地権と底地の価格は、お互いを合算した場合の方が単独の場合よりも価値がアップします。
例えば、時価が坪あたり100万円で、60%の借地権割合の土地があった場合、第三者に借地権を売ろうとした場合には100万円の60%の60万円の坪単価にはなりません。
普通は、この坪単価から20%~30%低下したものになります。
また、第三者に底地を売ろうとした場合も、40万円の坪単価にはならなく、10万円~20万円程度低下してしまいます。


本サイトでは、情報を収集し分析する、費用を掴んでおくこと、についてご紹介します。

Copyright © 2014 借地権を買い取りたい! All Rights Reserved.